So-net無料ブログ作成

ニコ・ロビンと革命軍の関係 [ニコ・ロビン]

未だ新世界編でも謎の多いニコ・ロビン。

実力的には皆と同じように強くはなっていますが、
ロビンに関して気になるのは、二年間の間の革命軍との関係性。

ルフィの実の父親であるドラゴンの組織、
『革命軍』で過ごした二年間は絶対に色濃く、
そして様々な事実をロビンは知った筈です。

ワンピースATTACK MOTIONS PUNK HAZARD(10個入)

しかし、ロビンは未だその二年間の間の話を
仲間のみんなにしていないんですよね・・・。

何故でしょうか??
それとも、関連の会話が出てきてないだけで、
既に皆はその間の事を聞いているのでしょうか?

普通にルフィの父親の組織に居たと言うだけで、
色んな質問が飛び交いそうなもんですよね。

やっぱりロビンが革命軍に居た事は、
未だみんなは知らないと考えるのが妥当ですかね??

今までの私的な予想だと、この革命軍に居ると考える
人物は、『サボ』『ハグワール・D・サウロ』
そして・・・『青キジ』(実はまだいます。)

私はこれらの人物の事がとても気になります。

一番知りたいところは、やっぱりルフィとエースの兄弟分『サボ』の存在。
サボが本当に革命軍で生きているなら、何故エースを助けに来なかったのか。
そして何故未だにルフィの前に現れないのか。

この辺の理由がとても知りたいですね~。

ロビンは二年間の間に、きっと全てを知った。
それでもなお、ルフィに言わない(言えない)のは、
何か特別な理由が有るとしか思えません。

今後近い将来、ロビンが握っている革命軍の情報は、
新世界の展開で必ず大きな鍵になってきます。

サボの事、革命軍の計画、ルフィとの血縁関係など、
沢山の事をロビンは既に知っていると思います。

しかも、忘れてはいけないのが、ロビンはアラバスタのポーネグリフで、
古代兵器『プルトン』のありかと、利用する術を全て知っています。

誰かが悪用した時に対抗出来るよう残されたプルトンの『設計図』は、
その後フランキーが燃やしてしまいましたが、
そもそも既に何処かで存在している『プルトン』のありかを知っているのは
もう今の時点でロビンしかいません。

その古代兵器『プルトン』とロビンが今後、
どう関わってくるのか・・とても興味深いですね。

よくよく考えると、古代兵器プルトン、ポセイドンは、
ある意味麦わらの一味が既に押さえていると言っても良いですね。


ワンピースコレクション 変わらぬ夢と誓いセピアカラー


それはそうと、早く出て来ないかな~…サボ。

^^


共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます